熟田津の文学碑除幕式
写真をクリックすると、拡大写真が表示されます。
2006年07月07日 金曜日


2006年07月07日 金曜日

にぎたつの由来
 661年斉明天皇が新羅征討のため、
九州に向かう途中、額田王が詠んだ歌(万葉集)
  熟田津に
  船乗りせむと 月待てば
  潮もかないぬ 今はこぎ出でな 
 熟田津で船出をしようと月の出を待っていると、
いよいよ月も出て、潮も満ちて航海に都合よくなった。
 さあ、こぎだそう。
といった意味の歌です。
この熟田津が今の和気町辺りと言われています。
松山市長直筆でこの歌を石碑にしました。
公民館にて除幕式を行い、和気小学校にて
お祝のもちまきをしました。



WMP56k | 56kモデム回線用ムービーファイルはこちら
WMP350k | 高速回線用ムービーファイルはこちら
ムービーファイルを見るためにはWindows Media Playerがインストールされている必要があります。